文字サイズ

標準
拡大
  • すべてのジャンル

  • 音楽

  • 演劇・舞踊

  • イベント

  • レジャー

  • 公文協

チケ探TOP > 音楽 > 日本の響…草加の陣2017~邦楽のパイオニア達の共演~
公文協/
2017/09/09

日本の響…草加の陣2017~邦楽のパイオニア達の共演~

日本の響…草加の陣2017~邦楽のパイオニア達の共演~

邦楽界に新風を巻き起こし、新たな分野を開拓してきたアーティスト達が一堂に会する「日本の響…草加の陣」が、今年も草加に登場!

二十弦箏の開発や二十五弦箏を発表するなど箏の可能性を広げた野坂操壽とジャンルにとらわれない演奏活動で箏の魅力を発信し続ける沢井一恵によるデュオ「変絃自在」。
「男性民謡歌手の四天王」に数えられ、舞台を中心に、テレビ、ラジオとメディアの第一線で活躍中であるとともに国内外公演にも数多く出演している民謡歌手の藤堂輝明。
世界40ヶ国で2,700回以上の公演を行ってきた和太鼓奏者のヒダノ修一率いるEnTRANS(エントランス)。
初代の技を受け継ぎ独自の音楽表現を模索し続ける津軽三味線奏者の二代目高橋竹山。
90年代以降の邦楽ニューウェーブの一翼を担い、テレビ番組や映画、演劇など幅広く活躍する尺八奏者の藤原道山がゲストにピアニスト国府弘子を迎えて登場。

総勢6組のそうそうたる面々があいまみえ、まさに“草加の陣”と呼ぶにふさわしいこの公演。
加えて、司会には、昨年に引き続き、ロックから邦楽まで幅広い音楽の知識で世界的に活躍するピーター・バラカンと、日本唯一の専門誌「邦楽ジャーナル」の編集長である田中隆文を迎え、より深い邦楽の世界にご案内します。

これまでにない“邦楽・和楽器フェス”。一日限りのスペシャル・ステージをお見逃しなく。


【出演者変更のお知らせ】
出演を予定しておりました城南海氏が、喉の治療(病名:声帯結節)のため、出演ができなくなりました。
代わって、民謡歌手の藤堂輝明氏が出演いたします。
なお、この変更に伴うチケットの払い戻しはございません。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

[主催]公益財団法人草加市文化協会
[後援]埼玉県、草加市、NHKさいたま放送局
[助成]
 公益財団法人 朝日新聞文化財団
 公益財団法人 花王 芸術・科学財団
 公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション

[日時]平成29年9月9日(土)開場13:15 開演14:00 終演予定18:30 

[会場]草加市文化会館ホール


[参加アーティスト]

◆野坂操壽×沢井一恵「変絃自在」
 野坂操壽(箏・二十五絃箏)/沢井一恵(十七絃)


◆藤堂輝明(民謡)
 根本美希(歌)
 中村明一(尺八)
 澤田勝成(津軽三味線)
 下町兄弟(打楽器)
 ボーイ・ウィンチェスター・ニテテ(打楽器)


◆ヒダノ修一(太鼓ドラマー)

 〈EnTRANS/エントランス〉
 ヒダノ修一(太鼓、ヴォーカル)
 ミッキー吉野(キーボード、ヴォーカル/fromゴダイゴ)
 鳴瀬喜博(ベース、ヴォーカル/fromカシオペア)
 八木のぶお(ハーモニカ、ヴォーカル)


◆伶楽舎(雅楽)
 中村かほる(舞)
 東野珠実、三浦礼美、五月女愛(笙)
 中村仁美、田渕勝彦、鈴木絵理(篳篥)
 笹本武志、角田眞美、〆野護元(龍笛)
 宮丸直子(三ノ鼓)
 中村華子(太鼓)
 田口和美(鉦鼓)


◆二代目 高橋竹山(津軽三味線)


◆藤原道山(尺八)
 ゲスト:国府弘子(ピアノ)


[司会]

◇ピーター・バラカン(ブロード・キャスター)
◇田中隆文(「邦楽ジャーナル」編集長)

日本の響…草加の陣2017~邦楽のパイオニア達の共演~

このチケットの販売は終了いたしました

公演に関するお問い合わせ先
048-931-9325
販売期間:2017/05/21 10:00 ~ 2017/09/06 23:59
(販売状況 ○:あり、△:残りわずか、×:売り切れ、-:販売期間外)
場所 日時 種別 販売価格 販売状況
1回のお申込みで 5枚(1席種につき5枚まで)購入できます。
おことわり

※チケットご購入後の変更・払い戻しは致しかねます。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

選択できるお支払い方法
クレジットカード決済 ファミリーマート(Famiパス)受取 セブン-イレブン受取
セブン-イレブン決済 セブン-イレブン受取